Belablo

留学生の過ごし方

консультация

明日はいよいよ山場のミクロ経済の試験です。

試験の前日は決まってконсультацияというものが行われます・

これはどういうものかというと、試験科目の先生が試験の前日にきてくれるので、試験について質問があればそれに答えてくれます。

試験勉強中にわからないことがでてきたら、この場で質問をして疑問を解決し、万全な体制で試験を受けれるようにというような、粋なはからいです。

 

 

これの重要性がいまいちわかりません。

前日にこれを行ってももうすでに遅いのではと思います。

試験直前にやるよりかは、もう少し前にやったらいいと思いますよね?

 

 

そんな感じなので出席率は高くないです、

今日は半分も来てなかったです。

いつも試験前はこのような感じです。

今学期の講義がすでに終わっているので地方出身の人は家に帰っています。

なので試験の前日の夜に寮に帰ってきてそして試験を受けたらすぐにまた、地元に帰ります。

 

 

ベラルーシは交通費が仰天するほど安いので、週末は寮に帰らず家に帰る人は少なくありません。

片道500円もかからないくらいでみんな家まで行くことができます。

ましてや授業も終わってそろそろ夏休み、誰一人として寮に戻ろうという人はいないでしょう。

この時期寮にいる人は寮の係りの人か、外国人ぐらいです。

そして試験が学部に在籍している外国人もみんな国に帰ります。

帰らないのは私ぐらいだと思います。

[ad#co-1]

私はこの夏日本には帰りません。

というか卒業まで日本に帰らないつもりです。

そこにお金をかけたくないからです。

 

最近航空券の値段は見てませんがおそらく往復で10万円ぐらいかと思われます。

私は地方出身なのでそこからさらに電車代など必要になってします。

日本に帰ったら間違いなく友達と居酒屋にいったりしてお金がふっとんでしまいます。

全部で20万円くらいは失うのではと思います。

日本に帰ったら無意味な時間を過ごしてしまうとまでは言いません。

しかしそこにお金と時間をかけるよりは、卒業後のために少しでもここに残ってロシア語の勉強をしていたいです。

 

 

なりやら上の学年ではすべて試験が終わったクラスもあるそうです。

長い夏休みですね、今からだと二か月半ほどもらえます。

 

 

明日頑張ります。 [ad#co-1]